こう、世界

宝塚歌劇 観劇ツアー

◆宝塚大劇場 雪組公演

三井住友VISAカード ミュージカル ファントム

主演:望海風斗・真彩希帆

ガストン・ルルーの小説オペラ「オペラ座の怪人」をもとに、脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによって1991年に初演、米国内ツアーでの好評を受け、その後世界各地で上演されてきたミュージカル『ファントム』。宝塚歌劇では2004年に宙組により初演、怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、悲劇の結末をよりドラマティックに描き出した宝塚歌劇ならではのロマンティックな舞台が高い評価を得て、その後の再演も好評を博し常に上演希望が寄せられる人気ミュージカルとなりました。

伸びやかな歌声に定評のある望海風斗がファントム役に挑むにあたり、この度の雪組公演では新たな『ファントム』の世界をお届け致します。

 

 

©宝塚歌劇団 Photographer 野波 浩

2018年11月17日(土)11:00公演 

 

【旅行代金】株式会社SHOコーポレーション10周年記念特別価格!!

                    S席指定 14,800円(チケット代8,300円含む)  

 

  ※お迎え料金(福山・尾道市内ご自宅の近くのバス停までお出迎えいたします)

  福山・尾道は1000の追加料金がプラスになります。

  府中駅にお迎えの場合は一律2000の追加料金がプラスになります     

 

【食事】なし 【添乗員】同行 【定員】40(残席わずか!!)

【ツアー出発時間】

 福山駅北口 7:00 ~ 宝塚大劇場(11時公演)~ 福山北口 18:00頃

◆宝塚大劇場 星組公演

主演:紅ゆずる・綺咲愛里

Once upon a time in Takarazuka

『霧深きエルベのほとり』

エルベ河に隣接する港町を舞台に、ビア祭りの日に出逢った恋人達・・・・・・情に厚く人間的魅力に溢れながらもどこか哀しみを湛えた船乗りカールと、父親との確執ゆえ家出した名家の令嬢マルギットの切ない恋を描いた『霧深きエルベのほとり』。日本を代表する劇作家であり、演劇界に多大な功績を遺した菊田一夫氏が宝塚歌劇の為に書き下ろしたこの作品は、1963年の初演以来、幾度となく再演され多くの観客の心を捉えてきました。 宝塚歌劇が105周年を迎える2019年の幕開け、この作品に惚れ込んだ上田久美子の新たな潤色・演出により、紅ゆずる率いる星組での上演が決定。生きて行くことの寂しさや切なさ、今は薄れつつある人の情けの暖かさが描かれた、宝塚歌劇が時を超えて守り伝えて行くべき珠玉の名作の再演に挑みます。

スーパー・レビュー

ESTRELLAS(エストレージャス) ~星たち~

スペイン語で星々を意味するエストレージャス。人々心に輝きを届ける満点の星々を星組生にたとえ、”誰もが  星のように光を与えることができる”というテーマのもと、星組のエストレージャスたちが、生き生きとした歌声や躍動感あふれるダンスをお届けする作品。爽やかな高揚感を放つレビューにご期待ください。

2019年 ①1月1日(火)13:00公演

              ②1月3日(木)11:00公演

 

【旅行代金】S席指定 16,800円(チケット代8,300円含む)  

 

  ※お迎え料金(福山・尾道市内ご自宅の近くのバス停までお出迎えいたします)

  福山・尾道は1000の追加料金がプラスになります。

  府中駅にお迎えの場合は一律2000の追加料金がプラスになります     

 

【食事】なし 【添乗員】同行 【定員】20

【ツアー出発時間】

 ① 福山駅北口 8:30 ~ 宝塚大劇場(11時公演)~ 福山北口 20:00頃

 ② 福山駅北口 7:00 ~ 宝塚大劇場(11時公演)~ 福山北口 18:00頃