四国八十八ヶ所霊場逆打ち

弘法大師が815年に開創したと伝えられる四国八十八ヶ所霊場は今年、開創1200年余り。同ツアーではバスの中で、四国霊場公認先達が参拝の作法なども教えてくれるので、初めての方も安心して参加して頂けます。

タシマ観光では、バスで行くお遍路の旅を全13回(日帰り11回・1泊2日2回)を実施しております。

お遍路さんの元祖といわれる衛門三郎が、反時計回り(88番大窪寺から1番霊山寺)に降順に巡礼しお大師さまに会えた年が西暦832年のうるう年だったといわれてます。

そして、2020年は、弘法大師諡号1100年となります。

◇大師諡号とは

高僧の人徳や功績を讃えて贈る尊称です。

諡は「おくりな」と読み「贈り名」を意味します。空海さまは延喜21年、醍醐天皇より「弘法大師」の諡号を贈られました。弘法は「弘法利生~仏法を弘め、衆生を利する~」に由来すると言われています。歴史上、天皇から大師号を下賜された高僧は25名にのぼりますが、「大師は弘法に取られ、太閤は秀吉に取られる」の格言にある通り、大師と言えば弘法大師を指すことが一般となっています。これは弘法大師が時代や宗派の垣根を超えて広く親しまれ、信仰されていることの顕れと言えるでしょう。

 

 

第3回 77番 道隆寺~71番 弥谷寺

【出発日】 2020年 4月18日(土)日帰り

【旅行代金】 お一人様  13,980円 

【食 事】昼1回

【添乗員・先達】同行

【定 員】40名 (最少催15名 )

【コース】福山駅北口 7:00出発~高速道路~77番(道隆寺)~76番(金倉寺)~

75番(善通寺)~74番(甲山寺)~昼食(善通寺グランドホテル)~

73番(出釈迦寺)~72番(曼荼羅寺~71番(弥谷寺)~高速道路~

福山駅北口17:00頃到着予定