京都十三佛霊場巡り

京都十三佛霊場巡りは、数多い仏様の中でも特に慈悲深く、直接救いの手を述べてくれる十三尊の仏・菩薩・明王様が祀られているお寺を巡ります。

古くから亡くなった方やご先祖様など、故人の追善供養として行われており、"十三佛さま”と親しまれてきました。

十三佛巡りは京都以外にもありますが、京都で巡るお寺は現世安穏の名刹としても有名なところばかりです。

つまり、京都の十三佛巡りは、現世安穏も願って、死してなお浄土を乞い願う二世大安穏の霊場となってます。

十三佛信仰では、初七日から三十三回忌の合計十三回忌の仏事に十三佛を本尊として祀ります。

そして、十三佛の尊名や真言を唱え、追善供養を行います。

人は必ずしも成仏して安定した状態にいるとは限りませんから、十三佛にあの世への旅路を見守ってもらう、ということにもなるようです。

2018年度のツアーは、終了致しました。

来年度は、春からのスタートで計画中です。